平町鍼灸接骨院ブログ

2013年8月31日 土曜日

急性低音障害型感音難聴その2

おはようございます。
平町鍼灸接骨院の中嶋です。

前回から急性低音障害型感音難聴
の完治例を書いてます。
8/30が1回目です。

今日は、どのような方で、
どのような症状だったかを書きます。

男性、40歳代
中肉中背
これまでに大きな病気、
常に飲んでいる薬はありません。

次に発症してから病院での治療経過です。
お仕事で飛行機を良く乗るということで、
今回も出張へ行く時に飛行機内で違和感を
感じたそうです。耳閉感があり、耳抜きををしても
治りません。しかし、今回の出張は海外ということもあり、
少し様子をみることにしました。
数日経っても改善せず、逆に悪化してきていました。
耳閉感に加え、耳鳴り、音割れもするようになりました。
このように耳の病気になるのは初めてで、
不安にもなりましたが、痛みはなく聞こえなくもないので
我慢していたそうです。

発症から2週間経った時に帰国し、すぐに病院を受診。
ステロイドの投薬とアデホスコーワ、メチコバールを
1週間分服用しました。
しかし、症状は変わらず、聴力も変化ありませんでした。
病院では「初期処置が遅かったので治らないでしょう」と言われ
色々調べたところ、鍼治療があることを知り当院を受診。

当院にいらした時はステロイドの薬は飲み終え、
アデホスコーワとメチコバールだけを服用していました。
発症から約1ヶ月です。

以上がこの方の諸状況です。

投稿者 平町鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年8月22日 木曜日

お知らせ

昨日は夕立がありました。
降雨が短時間だったので、
その後がとても蒸し暑くなって
しまい、蒸し器の中に居るようでした。

さて、今日はお知らせです。
8月24日土曜日は勉強会の為
休診とさせていただきます。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

平町鍼灸接骨院  中嶋

投稿者 平町鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年8月19日 月曜日

冷風対策

こんばんは、
平町鍼灸接骨院の中嶋です。

毎日暑いですね。
ここまで暑いとクーラーをつけずには
いられませんよね。
しかし、1日中つけていると冷えてしまうし、
消すと暑いしと"良い塩梅"が難しい状況
ではないでしょうか?

そういう時に首やお腹を触ってみてください。
「ヒヤー」としませんか?
身体は暑いのに首やお腹は結構冷えています。
夏場は知らず知らず、冷えている事が多いのです。
また、冷たい飲み物や食べ物も身体の中から冷やして
しまいます。

冷たいものの摂り方は以前に書きましたので、
今回は「冷え対策」を書きたいと思います。

簡単です。「保温をする」です。
温めるというよりも、肌の露出を少なくすると
首やお腹の冷えは予防できます。
ですから、タオルを巻いたり、スカーフを巻いたり。
ネックウォーマーも良いのですが、暑すぎると
かえって汗をかいてしまい、毛穴が広がり身体から
熱が逃げてしまいます。
汗をかかない程度にかるく、肌にかかっているだけで
十分です。

私がお勧めするのは、「ヘアバンド」です。
女性が髪を束ねる時に使うアレです。
ヘアバンドを首に下ろしておくだけです。
これだと、そんなに暑く感じることも無く保温できます。
値段もそんなにしませんし、お手軽です。
お試しください。

忘れてました。お腹です。
お腹は腹巻ですね。
少し緩めが良いかと思います。

夏場は温めるのは難しいので
「身体を冷やさない」を心がけて
頂くと免疫力が高まります。




投稿者 平町鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年8月 9日 金曜日

1日複数回の集中鍼治療

こんにちは、
本当に暑いですね。
十分お気をつけください。

さて、今回は1日で鍼治療を
2~4回行なう集中治療について
書きたいと思います。

「1日に何回も鍼治療をしても良いのか?」
と思われるかもしれませんが、
大丈夫です。むしろ、その方が回復力が
あり、効果が出やすくなります。
これは、突発性難聴や低音障害型感音難聴
などの感音性難聴以外でも鍼治療はする
場合があります。

例えば、ぎっくり腰などの急性の腰痛などは
1日に数回治療を行なった方が早く治ります。
腰が痛い時間が長くなりますと、痛みを和らげる
為に無意識に姿勢をかえてしまい、身体を曲げて
しまい、身体の他の場所にも負担がきてしまい、
痛みの原因が複雑になってしまうことがあります。
早い時期に痛みを鎮めることで、そういった負担を
無くし、日常生活を行なえるようにすることで、
スムーズな回復をします。

ということで、鍼治療では1日に数回治療をすることは
通常行なわれる事です。

突発性難聴や低音障害型感音難聴のように
早期治療が重要な病気は特に効果的だと
思われます。


※11日(日曜日)から15日(木曜日)までを
 休診とさせていただきます。

平町鍼灸接骨院  中嶋 聡

投稿者 平町鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年8月 3日 土曜日

鍼治療をする間隔

こんにちは
暑い夏が戻ってきました。
体調管理には十分ご注意ください。

さて、本日は突発性難聴の鍼治療を
する時によく聞かれる質問について
書きたいと思います。

「どのくらいのペースで通った方が良いですか?」
という質問です。
突発性難聴になった時期によって違いはありますが、
基本的に
「毎日続けた方が効果が出やすいです」
とお伝えしております。

突発性難聴の患者様で初めて鍼治療をされる
方は少し驚かれるかもしれませんが、治療効果を
考えますと、毎日治療をすることをお勧めいたします。

突発性難聴という病気の性質上時間の経過ともに
治りにくくなったり、耳鳴りや耳閉感が残ってしまう
事があります。最悪、治らない場合もあります。
ですから、早い段階で聴力を回復させる事が
重要になりますので、毎日の治療が必要になって
きます。

「もっとしっかり治療しておけば良かった」と
後悔をしないように、少しでも可能性の高い
選択をしていただけるようにアドバイスをさせて
頂きます。
何か分からないことありましたら、お問い合わせください。

投稿者 平町鍼灸接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所:
〒152-0032
東京都目黒区平町1-22-12-102
■最寄駅:
東急東横線「都立大学」徒歩2分
■診療時間
9:00~12:00/14:30~20:00
■休診日:
日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら